月別アーカイブ: 2015年7月

ユーロ/NZドル

ユーロ/NZドル

週足&日足

キャプチャ

日足でMISSION002が発生すると、週足ではMISSION001が発生しそうです。

マルチタイムでMISSIONが発生するときはチャンスになりやすいです。

まだ気が早いですし、しばらくはレンジでもみ合う気がしています。

逆に日足で上方にレンジブレイクしていけば、1.710付近までの上昇も考えられます。

エントリー判断は終値を待つ必要がありますね。

ボリンジャーバンドのシグマライン

<ボリンジャーバンドのシグマライン>

±2シグマライン→トレンドの【加速】か【過熱】かを表します
±1シグマライン→トレンドの【継続】か【調整】かを表します
センターライン→トレンドが【緩慢】か【気迷い】かを表します

こういう視点で相場を観ていると、順張りでも逆張りでもどちらでも利益になるトレードが出来るようになると思います。

FX MISSION ZEROの10の勝ちパターンはこれらのことがMISSION001〜010にまとめられています。各シグマラインの勝ちパターンに乗ってエントリーすることで利益になりやすいですし、安心してエントリーできるようになります。

しかもその勝ちパターンが10個もあるのですから!↓

 
FX MISSION ZERO

ポンド/NZドル

ポンド/NZドル

週足と8時間足

スクリーンショット 2015-07-21 9.10.16

8時間足ではMISSION001の形をしています。

週足では+2シグマ付近の高値圏にいます。

このように大きな時間軸と短い時間軸を組み合わせた考え方がMISSION???です。

この場合は週足ベースでの大きなスウィングを狙えるかもしれません。

MISSION???についてはこちらで学べます。↓

FX MISSION ZERO

淡々とする

相場では、淡々としていることが大切だとよく耳にします。
たとえ利益になっても、損失になっても淡々とできるとはどういうことでしょうか?
どうすれば淡々としていられるのでしょうか?

淡々としていられる人は、ルールにエッジ(優位性)があり、1トレードあたりの期待値を理解しています。
1トレードあたりの期待値がプラスならば、売買を繰り返せば繰り返す程、トータルで利益になります。
これが本当の意味で淡々とトレードするということになりますね。

決して、感情を抑えて無理に淡々と振る舞うのではありません。

★感情を抑えて無理に淡々と振る舞うのではなくて、期待値(優位性)があるから淡々としていられるのですね!

ユーロ/円

ユーロ/円

日足

スクリーンショット 2015-07-16 17.06.31

ヘッドアンドショルダーズを形成しているように観えます。

普段あまり意識していませんが気になったので取り上げてみました。

トータルで勝つ為の準備

トレードをする準備は整っていますか?

トレードをする動機は何ですか?

トレードする目的は何ですか?

トレードする環境は整っていますか?

トレードする時間は決まっていますか?

トレードの訓練をしていますか?

トレードルールがありますか?

トレードルールに優位性(期待値)はありますか?

トレードの期待値を理解していますか?

トレードルールを淡々と順守するメンタルはありますか?

いつも同じ判断が出来ますか?

シンプルに判断が出来ますか?

うまく負けることができますか?

自分を知っていますか?

自分の許容リスクを知っていますか?

レバレッジの計算はできますか?

損益の計算はできますか?

自分で適正なポジションサイズを決めることができますか?

トレードを労働にしていませんか?

トレードが楽しいですか?

トレードができる喜びを感じていますか?

あなたを承認(証人)してくれる仲間はいますか?